インカムはトランシーバの一種で、トランシーバがヘッドセットになって、ヘッドフォンとマイクが装着されている形態です。
使い方は、トランシーバと一緒で、送信は一人で、受信は多数であり、送信には時間制限(最大30秒)があり、端的に短く送信する必要があります。
そのために、使用範囲には限定され、行動指令や緊急連絡、報告などに有効に働きます。
携帯電話のように、同時に話したり出来ませんが、ボタンを押しながら短時間の送信で、緊急連絡や指令、報告が出来るのが特長であり、長所です。

インカムとは?

インカムとは? インカムはInterCommunication(インターコミュニケーションの略で、相互通信式電話の意)の日本式略です。
インカムはトランシーバ(TransCeiverの訳で、Ttansmitter<送信機の意>とReceiver<受信機の意>の合成語で、送受信機の意)の一種で大別すると無線機に当たります。
ヘッドセット(HeadSetの訳で、頭に付けたマイクの意)付のトランシーバをインカムと呼び、一斉に指令や通話をするのが一般的です。
トランシーバとの違いは、ヘッドセットの有無になっており、ヘッドセットの無いものがトランシーバと言えます。
トランシーバとインカムには、音声の送信機能と受信機能しかありません。
送信は一人で受信は多数聞くことが出来、行動指令や通報などに効力を発揮します。
インカムはヘッドセットによるマイクとヘッドフォンを装着していることによるハンズフリーの状態で作業をすることが出来ます

インカム機器を使用すると様々なメリットがあります

インカム機器を使用すると様々なメリットがあります インカムとい言葉は略語である事を知っていますか。
インカムとはインターコミュニケーションシステムを短くしたものです。
内線用に使われるヘッドセット付きのトランシーバーの事を言います。
形状が違いますが電波を使って他人とやり取りをするという事に関しては一緒です。
トランシーバーもインカムも基本的な操作は一緒でチャンネルさえあっていればワンプッシュで情報を共有できるてがるさがあります。
トランシーバーやインカムは本体の購入費用やレンタル料金だけで使用できますので一度揃えてしまえば、その他の費用はかかりません。
機器をより多く使用する事でコストは安くなります。
トランシーバーやインカムは同時に話すことが出来ないというデメリットがありますが、実際には交互に話す方が情報の伝達速度は上がるのです。
電波法の決まりがあり一度に30秒しか話せないために話す内容は自然とコンパクトになります。
特に、トランシーバーよりも優れている所は手ぶらでも話すことができますので、作業中なども作業を中断する事なく情報を伝達したり聞いたりする事が出来ます。
また、騒音のある場所でも音を聞き取りやすく声も明瞭に伝えやすいです。
機械を使う工場や、混雑するイベント会場で使用する場合には最適と言えます。
購入するのはハードルが高いという人はレンタルしてみてはいかがでしょうか。

インカムアプリなら導入コストの削減を実現

小型のマイクを備えたインカムを利用して店舗などの業務連絡に利用しますが、ネックとなるのが導入コストの問題です。
ここで登場したのがインカムアプリで、導入コストを大幅に削減することに成功しました。音声の伝送部分をスマートフォンとアプリに担わせて、ヘッドセットやイヤホンマイクを端末のイヤホン端子に接続する方法のほか、Bluetooth、Wi-Fiに接続すればワイヤレスで利用できるのも便利です。
通話は接続している全員に発出するほかにも、設定しておいたグループ間、ユーザーごとの1対1も可能です。発話ができないシーンでもテキストメッセージの送受信も可能で、多様なコミュニケーションを行えます。
あらかじめスマートフォンを所持しているのならば、追加の費用はヘッドセットまたはイヤホンマイクとシステム利用料だけで済むことから、イニシャルコストとランニングコスト共に低価格で済むと評判です。
元々スマートフォン本体が優れた性能を持っていることから伝送時の遅延がほぼ無いばかりか、クリアな音声で通話することが可能です。

無料から有料まで便利なインカムアプリのプラン

インカムアプリには無料から有料まで様々な形態があり、ニーズや予算に合わせて選ぶことができます。
インカムアプリの無料プランは同時接続できるユーザーが5程度に抑えられていたり、グループチャットやノイズリダクションなどの機能が省かれているほか、ユーザーサポートが無く自己責任で利用したり、ユーザーエクスペリエンスで利用状況が個人情報に配慮したメタデータでメーカーのサーバーに送信されて製品の開発に役立てられるなどの条件はあるものの、小規模な店舗などで利用するには必要十分な機能を備えています。
一方、インカムアプリの有料プランは同時接続できるユーザーが無制限となったり、全ての機能がフルで利用できるほか、ユーザーサポートで様々な質問に答えてもらうことができます。
いずれにしても従来型のハードウェアのインカムを導入するよりも遥かに低コストかつメンテナンスフリーで運用することが可能で、様々なシーンで導入事例が増えています。

インカムのレンタル料金は費用が小さくで継続的に使える程度

インカムとは、マイクとヘッドフォンが一体となっている製品のことで原価そのものは実はそれほど高くはありません。
確かに、高性能な製品を購入しようと考えると大きなコストが求められることもあります。
しかし、一定程度の品質のものであれば似たような製品を個人であっても十分に購入できる程度のものです。高性能なものを購入するのが手間で、レンタルで済ませようと考えている場合でも大きな負担になりません。
インカムのレンタル料金に関しては、500円程度から始めることができるものも存在くらいです。
しかも、インカムのレンタルは長期的に必ずレンタルをしなくてはいけないわけではなく、非常に短い時間だけ利用することも可能です。
インカムの使いどころは、業務上では非常に多くてその都度レンタルすることが可能です。コールセンターなどで常駐のスタッフを雇って利用することもありますが、無線機付きのものを利用すればイベント会場などでも利用できるため汎用性が高く、役に立つ場面は多いです。

ソロツーリングにも活用できるビーコムのインカム

バイク乗りに人気を博しているビーコムのインカムは、他社製品とのペアリングに強いと評判です。近年、海外メーカーの参入によって製品の選択肢が増えているため、今まで以上にペアリングのしやすさが重視されるようになっています。
このインカムは2種類のユニバーサル接続が搭載されている機種もあり、ユニバーサル接続を持たない他社製品であってもペアリングに対応しているという特徴があります。
一般的にバイク用インカムはツーリング中に複数人で会話をすることが主目的ですが、ビーコムは音楽やラジオを聞くことができ、例えば移動中に渋滞情報を確認するという使い方もできます。
音声ナビの機能もあるので、知らない土地を長距離ツーリングする場合などで重宝するでしょう。スマートフォンの音声認識アプリとの連携で、移動中に現在時刻を確認するという使い方も可能です。
ツーリングは常にソロという人であっても、役立つインカムだといえるでしょう。

インカムが混線して通話ができなくなった時の対処法

インカムは電波法に基づいた限定的な周波数帯を使用して通話をすることから混線することは滅多にありませんが、それでも稀に混線が発生して通話ができなくなる場合があります。
原因が店舗内にある場合には徹底的に改善することが可能ですが、厄介なのが原因不明の場合や外部に要因がある場合です。
タクシーやトラックの無線と干渉した場合にはなかなか停止を要請することも難しく、泣き寝入りをするかインカムの運用を辞めてしまうのかのどちらかを余儀なくされます。
それらの問題の対処法としておすすめなのが、インカムアプリを使用する方法です。スマートフォンにイヤホンマイクを接続し、専用のアプリをインストールするだけでインカムとして機能します。
音声通話の送受信に使用する周波数帯は法改正によって他の電波に影響しない範囲に定められたスマートフォンの電波を使用することから、混線する可能性が極めて低く快適な通話が行えるようになるのも便利です。

ライブやイベントにおけるインカムの役割について

ライブやイベントではステージ上で演奏するミュージシャンやパフォーマーが、スタッフやバックステージのメンバーと連携する必要があります。
インカムを使うことで、音楽や指示を受け取りながらスムーズにパフォーマンスを行うことができます。
また、イベント会場内でのスタッフ同士の連絡や指示も迅速かつ効果的に行うことができます。
インカムの特徴としては、高音質な音声通信が挙げられます。
ノイズキャンセリング機能やクリアな音声伝達技術が採用されており、騒音の中でも明瞭な音声を受け取ることができます。
また、ハンズフリーで使用することができるため、作業中や演奏中でも両手を使いながらコミュニケーションを取ることができます。
さらに、多くのインカムはワイヤレスで使用することができるため、移動しながらのコミュニケーションにも便利です。
インカムは、プロのライブやイベント現場で活躍する必須のツールです。
音声通信のクオリティや使い勝手の良さが求められるため、選ぶ際には信頼性の高い製品やシステムを選ぶことが重要です。
さまざまなニーズに合わせて様々なタイプが市場に存在しているため、自身の目的や環境に合った適切な製品を選ぶようにしましょう。

イベントの連絡手段でインカムイヤホンを採用するメリット

イベントを開催する時のスタッフ同士の連絡手段には定番のトランシーバー以外にもいくつかの選択肢があります。
中でも採用する企業が増えているのがインカムイヤホンです。
インカムイヤホンは周波数を合わせることで複数の人間と同時に会話をすることができます。
イベントの規模が大きくなるほどスタッフの人数も増えていくので、制限なく同時通話ができる点は大きなメリットです。
無線電波を使ってやり取りをするので、携帯電話のように通話料が発生することもなく、安心して長時間会話ができます。
インカムはヘッドフォンのように頭に装着して専用のマイクで相手に声を届ける仕組みです。
従来のトランシーバーのように携帯の手間が発生しません。
ハンズフリーで会話ができるので、作業をしながら連絡をするといった効率的な使い方ができるのも魅力の一つです。
インカムは高性能な物ほど金額が高くなる傾向にあるため、対応範囲や使いやすさなどを考慮して決める必要があります。

インカムを選ぶ際に耐久性は非常に重要な要素

インカムとは、通信機能を備えたヘッドセットのことを指します。
特に、アウトドア活動やスポーツイベントなどで使用されることが多く、その耐久性は非常に重要な要素です。
一つ目のポイントは、防水性能です。
屋外での活動や雨天時において、防水性が高い製品を選ぶことで、機能の維持や故障の防止が可能です。
耐水性があることで、水しぶきや多少の雨にも安心して使用することができます。
二つ目のポイントは、耐衝撃性です。
スポーツやアクティブな活動では、落下や衝撃にさらされることがあります。
しっかりとした素材や頑丈な作りの製品を選ぶことが重要です。
また、使用する場面や目的によって異なる要件があります。
アウトドアやスポーツに特化したインカムでは、防水性や耐衝撃性が重視されます。
一方、日常的なコミュニケーション用のインカムでは、使いやすさや音声品質が重要となるでしょう。
耐久性のあるインカムを選ぶことで、長期間にわたって安心して使用することができます。
信頼性の高いメーカーや製品のレビューを参考にしながら、製品を選ぶことをおすすめします。

マイク調整を行うことでインカムの録音はクリアになる

インカムでクリアの録音をしたいと考えている場合には、マイク感度をきちんと調整するという作業が非常に重要です。
実際に、周辺環境なども気をつけておく必要はありますが、周囲の状況を自分たちの力ではなかなか変えることができないケースも存在します。
特に、外出先で何らかの対応をしたいと考えている場合には自分たちでよりクリアになるように工夫をしなくてはいけません。
この点、インカムの場合はマイク感度きちんと調整することができる機能が搭載されていることがありますので、それを利用することが一番です。
また、音声の種類に注意をするというのも非常に重要です。
音声の種類によっては、簡単な注意で対処することができるものもあるからです。
例えば、撮影時間などによって風向きなどは異なってきますのでクリアに録音したい時には、その風向きを考えて対処することが重要です。
自分たちで対処できないケースでは、専門的な観点からアドバイスをもらって対処できるように準備を整えておくのも1つの手段です。

インカムはステージ上でのコミュニケーションに重要

インカムは、イベントやプロジェクトなどでの効果的なコミュニケーションを可能にするツールです。
イヤホン型の装置で、参加者同士が声を通じてリアルタイムに意思疎通することができます。
最大の特徴はワイヤレス通信を利用していることです。
ケーブルや配線が不要なため、自由に移動しながらコミュニケーションを取ることができます。
特に、ステージ上でのパフォーマンスやイベントでの運営スタッフ間の連携において重要な役割を果たします。
インカムはクリアでノイズの少ない音声通信を実現します。
背景の騒音や距離の制約に影響されず、相手の声を明瞭に聞くことができます。
これにより、効率的な指示や連絡のやり取りが可能となり、作業の効率化やミスの防止につながります。
さらに、インカムは多機能な装置であり、音量調整やチャンネル切り替えなどの機能が備わっています。
複数のチームやグループが同時に活動する場合でも、それぞれのグループ間で干渉せずに通信を行うことができます。
これにより、各チームがスムーズに作業を進めることができます。
インカムはイベント業界や舞台演出などの現場で広く利用されています。
パフォーマンスの質を向上させるだけでなく、安全性やスムーズな運営にも貢献します。
コミュニケーションの円滑化に欠かせないツールとして、多くのプロフェッショナルから信頼されています。

インカムの情報サイト

インカム

新着情報

◎2023/7/4

情報を更新しました。
>ライブやイベントにおけるインカムの役割について
>イベントの連絡手段でインカムイヤホンを採用するメリット
>インカムを選ぶ際に耐久性は非常に重要な要素
>マイク調整を行うことでインカムの録音はクリアになる
>インカムはステージ上でのコミュニケーションに重要

◎2022/9/1

情報を更新しました。
>インカムアプリなら導入コストの削減を実現
>無料から有料まで便利なインカムアプリのプラン
>インカムのレンタル料金は費用が小さくで継続的に使える程度
>ソロツーリングにも活用できるビーコムのインカム 
>インカムが混線して通話ができなくなった時の対処法

◎2019/9/17

即時性の高さが魅力
の情報を更新しました。

◎2019/7/10

バイク用のインカム
の情報を更新しました。

◎2019/5/16

インカムを効果的に利用
の情報を更新しました。

◎2019/3/5

インカムの種類について
の情報を更新しました。

◎2018/12/19

インカムの使用方法
の情報を更新しました。

◎2018/10/31

サイト公開しました

「インカム 無線」
に関連するツイート
Twitter

返信先:

現代ならインカム?的な耳にくっつけておけるものがあるだろうに戦闘中にデカい無線で連絡してるのかなりすき 腰にぶら下げてるのかね

/ リテールテックジャパン2024出展決定! \ 3/12より開催されるリテールテックジャパン2024に、ソフトバンクが出展します。 スマホをインカムにできるIP無線アプリ「Buddycom」と生成AIの連携を体験できます。 ▼まずは来場登録を!

小さな集落ではエネルギー自給は現在可能であり、水道も同じである。通信も無線でできるし、オフグリッド生活ができる。 ベーシックインカムこそ一極集中の解消、地方再生の最も効果的な手段となる。 人が住めることによって経済も再興していく。 新自由主義的競争原理からの離脱と控除、公営化の重視

返信先:他1この無線機私も使ってます。 確かにクセの強い無線機です💦 SRFD10とセットで使っていますが、飲食店のインカムにはバッチリな無線と思います。 CUEボタンで構内放送もできて便利です。 フリラー対象ではないかもしれませんが😹 近々特小ロールコールに持って行って実力を試してみようと思います😁